DJモペのねこまんま

猫とゴハンと日々のあれこれ

 

【猫の舐めすぎハゲ対策まとめ】舐性皮膚炎治療・エリザベスウエア&アトピカの記事一覧



我が家の黒猫のお腹が過剰グルーミングではげてしまい、現在進行形で治療中です。

猫が自分の体を舐めすぎてはげてしまう原因や、対策として行っていることをまとめました。

過剰グルーミングによる舐めハゲ(舐性皮膚炎)対策まとめ

 

舐めすぎによるハゲについて

まず過剰グルーミングによるはげなどは、実は『舐性皮膚炎』というれっきとした病気です。

猫の毛はザラザラなので、舐めすぎてはげる(脱毛)、炎症が起きる、血が出る、カサブタができるなどの症状が起きます。

 

舐性皮膚炎の治療について

猫が自分で治すことは難しいので、原因を取り除き、きちんと治療してやらなければなりません。

原因はストレスによる精神的なものと、体に何か着いたりアレルギーなどで痒くなる物理的なものに分けられます。

精神的な場合はストレスの原因を取り除き、アレルギーの場合は投薬治療をしていきます。

 

しかしすでに原因が解決していても舐め癖がついてしまい、舐め続けるのを止められないこともあるため、その場合はエリザベスカラーなどで物理的に舐められないようにする必要があります。

 

うちの舐性皮膚炎対策

動物病院で獣医師にも相談し、エリザベスカラーの服バージョン『エリザベスウエア』と、アレルギー薬の『アトピカ内用液』を使用して治療しています。

 

以下がそれらを使うまでの経緯や、それらの効果などの記事一覧です。

記事が増えるたびに随時更新していきます。

過剰グルーミングによる舐めハゲ(舐性皮膚炎)対策まとめ

過剰グルーミングによる舐めハゲ(舐性皮膚炎)対策まとめ

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その1】

過剰グルーミングによる舐性皮膚炎の原因と治療方法など。

動物病院で診察してもらい、獣医に勧められたアトピカ内用液と、エリザベスウエアを購入しました。

www.dj-mope.com

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その2】

アトピカ内用液を受け取り、実際に飲ませてみました。

猫にとってアトピカはとても不味い薬なので、最初は飲ませたあとのフォローに苦労しました。

シリンジであげたりエサに混ぜたり色々試しましたが、結局シリンジに戻しました。

www.dj-mope.com

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その3】

エリザベスウエア術後服を購入しました。

実際に着せてみて良かったことや気になったことなどを書いています。

www.dj-mope.com

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その4】

エリザベスウエア皮膚保護服を追加で購入しました。

エリザベスウエア術後服と皮膚保護服の比較を書いています。

www.dj-mope.com

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その5】

アトピカ内用液を10日間使った感想です。

うちの猫の場合は飲ませるのはそれほど難しくありませんが、飲ませた後のヨダレ処理が大変なので、最初から風呂場でアトピカを飲ませることに。

www.dj-mope.com

 

【猫の舐めすぎハゲ対策その6】

アトピカ内用液とエリザベスウエアを1ヵ月間使ったの感想です。

アトピカ、エリザスウエアのどちらも猫にとってはやはりストレスになっているようなので、今は毎日ではなく様子を見ながら使用しています。

しかし1ヵ月経過して、以前より確実に毛が生えてきています(T_T)

www.dj-mope.com

 


このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。
よかったら読者登録をお願いします(=^・^=)