DJモペのねこまんま

猫とゴハンと日々のあれこれ

 

【大阪】大阪市内4か所のバラ園まとめ・バラの見頃は初夏と秋



バラの見頃がいつかご存知ですか?

品種によって咲く時期は違いますが、実はバラには大きく分けると年2回の開花シーズンがあります。

 

一度目は初夏、本格的に暑くなる前の5月上旬から6月中旬ごろ。

二度目は秋、涼しくなりはじめる9月下旬から10月中旬ごろ。

 

詳しくは『一季咲き』と『四季咲き』の2種類あって、一季咲きは初夏だけで四季咲きは気温15度くらいなら年中咲くそうです。

ただし夏は暑さで花が傷むため、キレイに見られるのは年2回なんです。

 

ちなみに、大阪市内には4か所もバラ園があります。

それらの開園時間や行き方、最寄り駅、周辺施設などの情報をまとめたので、ぜひ満開の季節にブラっと行ってみてください(*^_^*)

大阪市内のバラ園

 

 

中之島公園バラ園

大阪市役所もある、中之島にあるバラ園です。

中之島公園は2009年にリニューアルされているのでとても綺麗です。

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

ちなみに一言で中之島と言っても東西にけっこう広くて、バラ園は一番東の方にあります。

一番近い駅は京阪中之島線のなにわ橋駅ですが、地下鉄堺筋線、または京阪本線の北浜駅からも近いです(中之島線ができる前は北浜が最寄駅)。

 

ただし中之島でも特に大阪市役所付近は、明治時代などのレトロ建築物が残っていることで有名。せっかく行くならそれらも楽しむとより良いですよ!

そこで個人的には京阪本線淀屋橋駅で下りて、大阪市役所の横を抜け、中央公会堂を眺め、中之島公園をブラブラしながら、堺筋(難波橋)の下をくぐりぬけ、ばらぞの橋を渡り、バラ園まで歩くというルートがオススメです(*´▽`*)

天気が良い日にコーヒーかビール片手に歩くとよりグッド(^_-)-☆

 

その後は芝生広場を通って一番東の噴水まで行き、そこから北浜でカフェするも良し、北上して天神橋筋商店街や天満で一杯飲んで帰るも良し、天満橋まで歩いて京阪シティーモールで買い物を楽しむも良しという、どこへでも行ける立地です。

 

ちなみに中之島公園内にもビアガーデンがあるので、そこでビールを飲むこともできます。

また大阪市内には珍しくバイク駐車場もあります。バイクでツーリングの目的地として行っても楽しいですよ♪

 

開園時間:終日

入園料:無料

最寄り駅:Osaka Metro 堺筋線「北浜駅」、京阪電鉄「北浜駅」「なにわ橋駅」 

 

大阪市花と緑の情報サイト : 中之島公園

 

花博記念公園鶴見緑地バラ園

鶴見緑地公園の『山のエリア』内にあるバラ園です。

山のエリアとは、風車や花博のパビリオンがあるエリアのことです。

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

鶴見緑地は個人的にはとてもオススメなのですが、残念ながら台風21号の被害により、2018年10月現在は山のエリアが閉鎖されています…(T_T)

一日も早い復旧を願うばかりです。

 ↓

【追記】2018年10月20日(土)から、山のエリアが一部開放されました。

バラ園まで行けるようになりましたので、ぜひ行ってみてください(*^_^*)

山のエリア閉鎖区域エリアマップ

 

ちなみに山のエリアは17時30分を過ぎると出入り口の門が閉められてしまい、入ることができなくなります。

ただし中から外に出ることはできるので焦って出なくても大丈夫です(一方向にしか回らない回転ドアで出られます)。心ゆくまで楽しみましょう!

 

風車の丘は季節ごとに色々な花が植えられていつ行っても楽しめます。

花博のパビリオンは異国文化に触れることができ、コスプレの人もよく撮影しています。

冬は渡り鳥がやってきて、池周辺ではカモやオシドリをとても近くで観察できます。

植物園の咲くやこの花館には珍しい植物がたくさん展示されていて、特にサボテンや食虫植物が人気です。イベントもよく行われています。

駅の反対側には、大阪市内には珍しい大型プール『鶴見緑地プール』や、天然温泉『水春』があります。

 

というわけで楽しめるところが満載の鶴見緑地なので、山のエリアが復旧したらぜひ行ってみてください(>_<)

 

開園時間:9時から17時30分(山のエリア)

入園料:無料

最寄り駅:Osaka Metro 長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」

 

www.tsurumi-ryokuchi.jp

www.sakuyakonohana.jp

osakashi.opas.jp

suisyun.jp

 

長居植物園バラ園

長居公園の植物園内のバラ園です。

4か所のバラ園の中でここだけ有料なのですが、有料だけあってかなりしっかり整備されています。お金を払うだけの価値はあります!(200円だけですが)

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

ただ植物園に行くまでの道のりがけっこう長いです。

長居駅から植物園までまあまあ歩いて、植物園内も広くてまあまあ歩くので、しっかり歩く格好で行ってください!

同じ長居公園内にある大阪自然史博物館もオススメです♪

 

開園時間:9時30分から17時(入園は16時30分まで)

(注)月曜日は休園(ただし、月曜日が祝日の場合は開園し、翌平日に休園)

入園料:200円

(注)中学生以下及び大阪市内在住の65歳以上の方(いずれも証明書の提示が必要)、障がい者手帳等(要提示)をお持ちの方は無料。

最寄り駅:Osaka Metro 御堂筋線「長居駅」、JR西日本阪和線「長居駅」「鶴ヶ丘駅」


www.nagai-park.jp

www.mus-nh.city.osaka.jp

 

靱公園バラ園

靭(うつぼ)公園内にあるバラ園です。人口の小川や池があり、芝生に寝転がってくつろいでいる人がたくさんいます。

靭公園内のテニス場は、大坂なおみ選手が子供のころに練習していたとかで最近話題になっていましたね。

大阪市内のバラ園

大阪市内のバラ園

靭公園バラ園

 

残念ながらこちらも台風21号の被害があり、2018年10月現在、少しエリアが制限されています。いたるところに黄色いテープが。

かなり被害が大きかったようで、公園内の大木も折れたり根こそぎ倒れていました。 

靱公園バラ園

 

靭公園バラ園は本来は「世界で最も美しいバラ園の一つ」と認定されるほどキレイなバラ園ですが、残念ながら台風の影響か、バラの咲き具合もそれほどでした。

靱公園バラ園

 

ちなみにすぐ横にある大阪科学技術館は、存在を知っていても入ったことがないという人が多いと思います。

実は無料で入れて意外と楽しいのでヒマなら立ち寄ってみてください。

 

なお靭公園東側の道(四つ橋筋)を北上すると、徒歩10分弱で肥後橋まで行けます。

肥後橋には最近できたフェスティバルタワー・ウエストがあり、買い物なども色々と楽しめますよ。

その中には同じくできたばかりの中之島香雪美術館もあります。

 

靭公園の中央を縦断する道(なにわ筋?)を北上するとプラネタリウムのある大阪市立科学館や、国立国際美術館に行けます。

買い物しない場合はこちらの方がオススメかも。

 

開園時間:終日

入園料:無料

最寄り駅:Osaka Metro 中央線「阿波座駅」、Osaka Metro 四つ橋線「本町駅」

大阪市花と緑の情報サイト : 靭公園

www.kosetsu-museum.or.jp

www.sci-museum.jp

www.nmao.go.jp

  

ローズツアー

大阪市が無料のローズツアーを開催しています。

本来は4か所のバラ園すべてで行っているのですが、今年は台風の被害により中之島公園と長居公園の2か所だけ…

先着順なので、もし時間の都合が合うようなら参加してみても楽しいかも(*^_^*)

www.city.osaka.lg.jp

最後に、博物館や美術館は基本的に月曜日は休館です。

博物館法という法律で日曜と祝日は開館することが定められているため、代わりに月曜休むところがほとんどなのです。

ここで紹介したバラ園近辺の博物館、美術館も月曜は休みなので、もしバラ園のついでに行こうとする場合はご注意ください(>_<)

 


このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。
よかったら読者登録をお願いします(=^・^=)