DJモペのねこまんま

猫とゴハンと日々のあれこれ

 

【献立・一汁一菜】パンor白米+和風煮込みハンバーグ+かぼちゃのポタージュ



f:id:dj-mope:20181102001123j:plain

主食:パンor白米
主菜:和風煮込みハンバーグ
汁物:かぼちゃのポタージュ

 

和風スープの煮込みハンバーグですが、洋風な一汁一菜でした^^

私はパン、夫は白米でいただきました。

 

 

和風煮込みハンバーグ

昭和町BOSTON』のスープハンバーグが美味しすぎたので、家でも食べたくて作りました。

BOSTON度は50%ぐらいですが、我が家の定番になっています^^

ハンバーグのタネとスープはそれぞれ別のレシピを参考にしています。

 

ハンバーグのタネ

chefgohan.gnavi.co.jp

 

テレビで超有名『たいめいけんの茂出木浩司シェフ』のレシピです。

我が家では下記点を変更しています。

  • 玉ねぎとバターは炒めずレンチン
  • 卵黄ではなく卵1個を使用
  • ナツメグなし

 

最初はナツメグありで作ったのですが、和風にナツメグは合わないな~と思ったので、二回目以降はナツメグなしにしています。

玉ねぎや卵はめんどくさいのでこのやり方にしています^^;

 

ハンバーグのスープ

www.yutori.co.jp

 

和風スープは『料理研究家の栗原はるみさん』のレシピです。

だし汁はレシピどおり、他の調味料は半分の量にして作っています。

 

ハンバーグのタネも栗原さんのレシピでいいのでは?と思うかもしれませんが、BOSTONのようなハンバーグ専門店は牛肉100%なのではないかと思います。

なのでハンバーグのタネは、合い挽き肉を使っていない茂出木シェフのレシピを使っています。

 

次回は玉ねぎやパン粉などのつなぎを入れず、完全に牛肉100%で作ってみようと思います^^

 

かぼちゃのポタージュ

chefgohan.gnavi.co.jp

 

『シェフごはん』のレシピを参考にしました。

かぼちゃの甘みが感じられる素朴で優しい味です♪

 

前日に少し時間があり、具材を煮込むところまで済ませていたので、この日はミキサーにかけて味を調えるだけでした。

 

味付けは『コンソメひとつまみ、塩適量』とありますが、味見しながら追加したら最終的に『コンソメ小1、塩小1/2』になりました。

 

ミキサーがない場合

我が家にミキサーがなかったとき、下記のように作りました。

  • 玉ねぎはすりおろす(かぼちゃは普通の大きさでOK)
  • レシピどおり煮込む
  • ざるを使ってかぼちゃを濾す

ちょっとめんどうですが美味しくできました^^

 

おすすめのミキサー

最近までミキサーのない生活をしていたのですが、『家でスムージー作りたいな~』と思ったのがきっかけで買うことにしました。

物によって機能面に違いがあるようで結構迷ったのですが、私は粉末も作れる機能がほしかったので、『Iwataniのクラッシュミルサー』という商品を買いました。


【送料無料】 岩谷産業 クラッシュミルサー IFM-C20G[IFMC20G]

 

連続使用可能時間が120秒って短くない?とちょっと不安でしたが、氷や凍っている果物を入れても一瞬でスムージーができるので、全然短くありませんでした^^

 

ポタージュも一瞬でできました。

容器に250mlほどしか入らないので3回に分けてミキサーにかけましたが、ざるで濾すことに比べるとかなり楽でした(笑)

 

水と洗剤を入れてミキサーにかければ隅々まで洗えるし、コンパクトなので収納に困らないところも気に入っています。

頻繁に使わないけどほしいな~という人にはおすすめの商品です♪

 

一汁一菜とは?

『主食・主菜・汁物』が一品ずつの献立です。

最近は料理研究家の土井善晴さんの著書『一汁一菜でよいという提案』で話題になりましたが、何百年も前から人々の生活に定着している食事の形式です。

 


このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。
よかったら読者登録をお願いします(=^・^=)