DJモペのねこまんま

猫とゴハンと日々のあれこれ

冬の野良猫(地域猫)はデカイ



最近、耳の先端がカットされている地域猫を見かけることが多くなりました。

猫サポーターの方々が尽力されているのでしょう。この頃見かけた地域猫を写真に撮りました。

 

 

最近見かけた地域猫の写真

家の猫と比べると顔が険しいですね。でも人にエサをもらっているので、完全に野良の猫よりは愛嬌がある顔つきになっています。

そしてアウトドア生活なので身体が大きい。冬の寒さをしのぐために脂肪と冬毛を蓄えています。しっかりエサを食べている分、栄養が足りているのでしょう。

全て別の猫ですが、どれも耳の先端がカットされていて去勢・避妊手術済みであることがわかります。

 

デカイ!

冬の野良猫(地域猫)

 

 

ずんぐり。毛がフカフカしています。

冬の野良猫(地域猫)

 

普通くらい。

冬の野良猫(地域猫)

 

ずんぐりむっくり。足が短い!

冬の野良猫(地域猫)

 

猫サポーターにエサをもらっていました。アメリカンドッグみたいな体型。

冬の野良猫(地域猫)

 

まるっこい!

冬の野良猫(地域猫)

 

公園猫適正管理推進サポーター制度

大阪市では野良猫を減らすために、平成22年度から飼い主のいない猫対策として『所有者不明猫適正管理推進事業』を実施しているそうです。

ちゃんと行政が支援してくれるのは良いですね。住民税を払っている甲斐もあります。

ちなみに大阪市では地域猫を『街ねこ』と呼ぶとのこと。

www.city.osaka.lg.jp

 

私が猫を見かけた公園でも注意喚起の貼り紙が貼られていて、内容はこんな感じでした。

  • 猫サポーター以外は餌を与えないでください
  • 置き餌をしないでください
  • ゴミを放置しないでください
  • 糞尿を始末してください

 

実際にエサをやっていた猫サポーターの方も、エサの容器を持ってきて猫が食べ終わったら持って帰っていました。大阪市から配られたであろう腕章をしている人も。

これまでたまに見かけていた缶詰や食品トレーを放置していく人は、認定された猫サポーターではなく勝手にエサをやっている人だったようです。

 

我が家の猫たち

家の中で暮らしているので公園の猫たちに比べて毛の量は少なめです。

それでも寒いのか、よく2匹くっついて寝ています。円グラフみたいな形。

冬の家猫

 

おでこをくっつけて寝ているところ。

冬の家猫

 


このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。
よかったら読者登録をお願いします(=^・^=)